洗面台をリフォームする際に知っておくべきポイント3選!?

洗面台の大きさを測ろう!?

現在置かれている洗面台のサイズを測ることが大切です。サイズを図ることで、新しく変える洗面台を選ぶ基準となります。測るべき場所は三箇所あり、一つ目は洗面台が置かれている場所の幅、二つ目は洗面台が置かれている場所の床から洗面器までの高さ、三つ目は洗面台が置かれている全面から壁までの奥行です。この三点を計っておけば、新しく買った洗面台が大きすぎてしまって置けないなどといった失敗を防ぐことができるでしょう。

新しくする洗面台の種類を選ぼう!

洗面台には大きく分けて二種類のタイプがあります。一つ目はシステムタイム、二つ目はユニットタイプです。システムタイプの特徴は、カウンターと洗面器、水栓金具や収納スペースを組み合わせることができます。そのため、自宅の洗面台を置く場所のスペースや使いやすさに応じて選ぶことができます。ユニットタイプの特徴は60センチから120センチまでの選ぶことが出来る鏡面と洗面台がセットになっている作りのものをいいます。

洗面台の見た目と機能で選ぶ?!

洗面台の大きさや種類がだいたい決まったら、使いやすさや見た目の面で洗面台を選びます。見た目は可愛らしいものからかっこいいものまで様々なデザインや色のものがあります。使いやすさの機能の面では、洗面台では様々な化粧品類や衛生用品を奥場所となるので、収納が多いものがおすすめでしょう。また、洗面台の水道の下に付いているボウルが深いものだと、顔を洗ったり髪を洗いやすくなります。また、リフォーム対象商品である洗面台と、リフォームに適していないものがあるので注意して確認するべきです。

洗面化粧台のピアラは使いやすさと広さを実現したデザインで収納が多いのが特徴で、ピアラが激安となっています。