効率的にエッチングができる処理方法がある

魅力いっぱいの酸洗いとは

金属製品でバリをとったり、表面仕上げをするのに、職人の手に依存したり機械でもなかなかとりきれないときってありますよね。また、工数が生じてしまい、製品にもばらつきがありますので管理に困ってしまいますよね。これを解消するのが酸洗いという手法で、酸性の液体に製品をつけるだけで、微粒子を溶かして取り除くという効果があるのですよ。製品全体をつけることができますのでありとあらゆる箇所に処置ができるメリットがあります。

管理はとても簡単です

酸洗いはとても簡単な設備なのですよ。賛成の液体の入った容器を据えるだけで後は、製品をつけおくだけです。つけておく時間を設定して、最後に洗浄すれば完成なのです。オプションとして高圧ノズルやシャワー式などがありより効率的に行うことができますよ。酸性液体も長時間使えますのでコストメリットがありますし、廃棄も簡単なルールに従うだけですので管理面でも安心です。まとめて製品を処理することもできますのでサイクルタイムに寄与します。

酸洗いの注意点について

酸洗いは、どんな大きさのバリや角も取れるとは限りませんよ。あくまでも液体で溶かすので大きさがポイントになります。酸洗い前の製品を管理することが重要です。品質は安定しますので、溶かす量を安定させれば問題ないのですよ。これが実現すれば、袋穴の形状など人や機械の手が行き届かないところも取り除くことができます。こういった部位は品質の立ち上げの確認時ではファイバースコープを用いることで判定することができますよ。

熱処理や溶接によって変色した部分を研磨せずに酸を使って元の金属の色に戻す作業です。酸の濃度や処理時間には注意が必要です。金属の種類によっては酸洗いの効果が見られない場合があります。